こんにちは!
埼玉県東松山市に拠点を置き、こだわりを持った家づくりを信条としている有限会社宮一技工です。

住宅の購入を検討する際に、頭を悩ますのが地盤の問題ではないでしょうか。
「一大決心をして家を買うのだから安全な土地に建てたい」という想いを持たれる一方、「本当に地盤改良が必要なのか」という疑問にとらわれてしまうケースも多いようです。
そこで今回は、『なぜ自前で地盤調査をするのか』というテーマを取り上げて、地盤調査についてご注意いただきたい点も含めて、ご紹介していきましょう。

地盤調査の実態

家を建てる際には、専門の地盤調査会社に依頼してデータをもらうというのが主流ですが、じつは会社によって調査結果に差があるという実態があります。
もちろん調査方法の差もあるのですが、根本的に問題のある場合も多く見受けられます。
とたえば、「他社では地盤改良が必要と判断されるような土地でも、うちであれば地盤改良なしの調査結果を8割方出すことができます」というようなことを売りにしている地盤調査会社が思いのほか多くあります。
住宅の大きさにもよりますが地盤改良をすると100万円ほどかかることもざらにあります。
けっして安くない費用ですし、予算オーバーになってしまうというお客様も多くいらっしゃいます。
そうなると、お客様の中で、「安全な土地に建てたい」という想いと「本当に地盤改良は必要なのか」というせめぎ合いがはじまるわけです。
もちろん本当に地盤改良が必要なければそれにこしたことはないのですが、そういったお客様の足元につけ込んで、地盤改良が必要な土地にもかかわらず、「偽の安心を売る」という行為が許されていいはずはありません。
もちろんきちんと調査してくださる会社はたくさんあると思いますが、玄人でなければ見抜けないと言わざるえません。

「弱い土地は弱い」と知ってもらう大切さ

こうした地盤調査の実態を踏まえて、私どもは自前で調査するという方針を採っています。
方法は至ってシンプルです。
地盤改良の必要な規準値をあらかじめお話ししたうえで、お客様立ち合いのもと調査を行います。
ご自身の目で確かめていただけるので、「ああ、こんなに弱いのであれば地盤改良が必要だ」というふうに実感を持ってご納得いただける機会になります。
そういう機会を持つことで、お客様も「自分や家族を守る家づくり」について真剣に向き合い、積極的になってもらえるわけですね。
お客様と業者が一致団結してはじめて、真に人を守る家づくりが可能になるのだと思います。

お客様に寄り添うご提案

地盤改良にご納得いただけたとしても、予算オーバーの問題が解決するわけではありません。
とはいえ家が建ってしまってからでは地盤の改良はできませんし、予算オーバーであっても、地盤改良に費用を回していただく必要があります。
万が一、地震がきて不同沈下でも起こって家が傾きでもすれば、200万円、300万円とよけいに費用がかかってしまう可能性はなきにしもあらずです。
そこで私どもがご提案するのは、後からでも改良が可能な部分の仕様を落とすという方法です。
たとえば建具です。
最初の仕様は多少グレードを落としておいて、新たに費用が貯まったらやり替えるということが可能です。
あとは左官仕上げをいったんストップするという方法もあります。
いずれも竣工後にいくらでも手を加えることのできる箇所です。

限られた予算をどのように使っていくかをお客様に説明し続けるというのが、家を建てるものの義務だと考えているので、その一環として自前で地盤調査を行うという方針にしています。

地盤調査も宮一技工にお任せを!

耐久性が高く、安心して住める家づくりを目指すために、地盤調査は欠かせません。
本当に地震に強い家づくりをしたいと考えている大工職人だからこそ、地盤調査まで責任を持って行います。
ご納得いただけるまで、しっかりとご説明いたしますので、ぜひご相談ください。
その他、水回りリフォーム・内装リフォームのご相談も承っております。
まずはお問い合わせください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


-------------------------------------------
水回りリフォーム・内装リフォームは(有)宮一技工

ただいま業務拡大中につき大工の求人募集情報を掲載しております。

埼玉県東松山市松山 2339-3
TEL/FAX:0493-22-4038
ホームページ:https://www.38-1.biz/
--------------------------------------------