こんにちは。
埼玉県東松山市を拠点に、木造住宅の新築工事、リフォーム、オーダーメイド家具製作などを承っております、有限会社宮一技工です。
弊社では、自然素材を使用した家造りを徹底し、古民家リノベーションなどを含む多くの施工実績を積んできました。
これから家を建てようとしているものの、木造がいいのか鉄骨がいいのか悩んでいるという方はいませんか?
今回はそんな皆さまに向けて、木造住宅と鉄骨住宅の違いを簡単にご紹介します。
家造りを検討されている方は、ぜひ参考にご覧ください。

木造住宅と鉄骨住宅の耐用年数


まずは木造住宅と鉄骨住宅、それぞれの耐用年数について解説します。
木造住宅の法定耐用年数は22年、鉄骨住宅は34年です。
あくまでも減価償却の計算に用いる法定耐用年数ですので、物理的な寿命はもっと長いですが、法定耐用年数の計算上では木造と鉄骨で10年以上の差が生じます。
このことによって、木造は鉄骨と比べると耐震性・耐久性に劣るというイメージを持たれやすくなっていますが、実際はどうなのでしょうか?

木造住宅の耐震性や耐久性はどうなのか?

木造住宅の耐震性や耐久性は、皆さまが想像するずっと高いといっていいでしょう。
100年を超えても住める古民家は、れっきとした木造住宅です。
古民家の存在は、構造的に強い家を設計して、きちんとメンテナンスすれば、木造住宅が長く持つということを証明しているのではないでしょうか。
また調湿効果が期待できるので、湿気や乾燥を和らげてくれること、精神的なリラックス効果が期待できるといったこともメリットもあります。
耐震性や耐久性に優れた木造住宅を建てたいという希望をお持ちでしたら、ぜひ弊社にご用命ください。

木造住宅のご依頼をお待ちしております!


木造住宅と鉄骨住宅の違いについて簡単にご紹介いたしましたが、参考になりましたでしょうか。
じっくりと検討してみた結果、木造住宅を建てたいと結論が出た方は、ぜひ多くの木造住宅を手がけてきた弊社にご相談いただけませんか?
身体や環境に優しいだけでなく、長持ちする木造住宅の施工プランをご提案します。
これまでどのような住宅を手がけてきたのか、施工実績もWebサイトに掲載しておりますのでぜひ参考にご覧ください。
それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。


-------------------------------------------
木に関することは何でも!(有)宮一技工

ただいま業務拡大中につき大工の求人募集情報を掲載しております。

埼玉県東松山市松山 2339-3
TEL/FAX:0493-22-4038
ホームページ:https://www.38-1.biz/
--------------------------------------------