こんにちは。
埼玉県東松山市を拠点に、木造住宅の新築工事、リフォーム、オーダーメイド家具製作などを承っております、有限会社宮一技工です。
弊社では、自然素材を使用した家造りを徹底し、古民家リノベーションなどを含む多くの施工実績を積んできました。
木造住宅に住んでいて、いまいちリフォームのタイミングが分からないなと困っている方はいませんか?
今回は、そんな皆さまに向けて、リフォームが必要かどうか目安となる症状をご紹介します。
長く住んでいて、そろそろリフォームが必要か気になり始めた方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にご覧ください。

柱や梁の腐朽


長年住んでいると、気付いたら柱や梁が腐っていたということもあります。
このような症状を見かけたら、早急に対処をしなければなりません。
なぜかというと、木材の腐朽はシロアリを発生させる原因にもなるからです。
シロアリは、一度発生させると非常に厄介で、たかがアリの一種だからと油断して放置すると、家そのものを倒壊させる恐れもあります。
多少は大丈夫といった考えではなく、被害を最小限に抑えるためにも、なるべく早めに業者に相談してくださいね。

ドアの立て付けが悪くなった

どれだけいい木材を使用していたとしても、年月が経つと木材も次第に伸縮していきます。
木材の伸縮によって、ドアの立て付けや気密性が悪くなる可能性があります。
気密性が悪くなるとエアコンが効きづらくなるなど、放置しておいてもいいことは決してありません。
すぐに対処すれば一箇所のみのメンテナンスで済むのが、放置すればするほど大がかりなメンテナンスが必要となり、費用も膨らんでしまいますので、気付いたらすぐに相談しましょう。

寿命を守るためにもメンテナンスを!


リフォームが必要かどうか目安となる症状をご紹介いたしましたが、参考になりましたでしょうか。
木造住宅は、鉄骨住宅などと比較するとどうしても寿命が短くなるので、メンテナンスが非常に大切になってきます。
弊社では、メンテナンスのご相談も随時受け付けておりますので、現在お住まいの木造住宅において何か問題が生じているのであれば、ぜひお気軽にご相談くださいね。
それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。


-------------------------------------------
水回りリフォーム・内装リフォームは(有)宮一技工

ただいま業務拡大中につき大工の求人募集情報を掲載しております。

埼玉県東松山市松山 2339-3
TEL/FAX:0493-22-4038
ホームページ:https://www.38-1.biz/
--------------------------------------------